2010.07.29

HPがリニューアルしました。事務所の藤田鮎子も書いてありましたが、高い志をもって研鑽を積みきちんと社会に価値提供していきたいと思います。司馬遼太郎氏の「峠」から心を揺さぶる文章を紹介させていただきます。

「その志の高さ、低さによって、男の価値は決まる。・・・志は塩のように溶けやすい。男子の生涯の苦渋というものは、その志の高さをいかに守りぬくかということにあり、それを守りぬく工夫は格別なものではなく、日常茶飯事の自己規律にある。箸の上げ下ろしにも自分の仕方がなければならぬ。物の言い方、人とのつきあい方、息の吸い方、息の吐き方、酒の飲み方、あそび方、ふざけ方、すべてにその志を守るがための工夫によって貫かれておらねばならぬ」

男の価値を決める志は、普段から問われているのですね。。

石川和司

ニュース一覧へ

ニュース&ブログ

司法書士法人 石川和司事務所への
お問い合わせはこちら

法務に関するご相談やご不明な点がございましたら
こちらからお気軽にお問い合わせください。