代表挨拶

司法書士法人 石川和司事務所の理念

志を高く持ち、仕事を通じた社会活動により公正な社会実現の一助となる。

代表社員 石川和司

私どもは、司法書士法第1条において「登記、供託及び訴訟等に関する手続きの適正かつ円滑な実施に資し、もって国民の権利の保護に寄与することを目的とする」と規定されております。
条文だけ眺めると何とも重大な仕事に思えますが、要するに手続きが適正かつ円滑に進むのであれば、特に司法書士は必要ないとも考えられます。
そこで、私どもは、法律で規定されてはじめて必要とされる存在ではなく、常に社会のニーズに対応するという視点で活動しております。 お客様が必要とするリーガルサービスを適時適正な価格で提供し、真に満足をしていただくことにより競争力のある骨太な事務所であり続けたいと考えています。

そのため、自由な発想と大胆な行動力が発揮できる”チーム”づくりを心がけています。たとえば、お酒を酌み交わし夢を語ることも大事ですが、昼間の時間に熱く夢を語れる職場でありたいと考えています。
仲間を敬い、チームとして成果をあげる。徹底したチームプレーが付加価値を生み出す。結果的に、顧客満足につながる。そのことを力強く実践していきたいと考えています。

上場企業がよくゴーイングコンサーン(継続企業の前提)ということを理念に掲げておりますが、私ども司法書士事務所としてゴーイングコンサーンを追求することにより安定的に継続してお客様にサービスを提供することに挑戦しています。私どもは、小さな事務所ですが志を高く持ち、高い目線で経営にあたるように心がけております。

最後に、私どもはビジネスパーソンでありますが、その前にこの社会を構成する一員として仕事を通じてこの社会がより公正かつ公平な社会になるための一助として、日常活動の中で自己表現したいと考えております。

 

代表社員 

電話でのお問合せ

03-5792-1767