司法書士法人石川和司事務所

はじめまして

はしめまして、8月から石川事務所で働かせて頂いている真下(ましも)と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

最近朝夜はいくらか涼しくなり、家でクーラーなしで過ごせるようになったという喜びがあるのですが、日中はまだまだ暑く、スーツは汗で肌にぴったりついてしまうという、まだ夏を感じる日々が続いています。

季節の変わり目は体調を崩しやすいですが、皆様は大丈夫でしょうか。私の周りでは体調を壊している友人がいたり、精神的に病んでいたり・・・しています。

そんな中、先日友人に「どうやって体調管理しているの?」と聞かれました。

実は私、かなり体が丈夫です。

2年に1度位の頻度で39℃超えの高熱を出しますが、1日でほぼ治します。本当に両親に感謝しています。

食生活には特に気を遣っておらず、どちらかというと偏食だと思います。

運動も特にしておらず、8月は長年の運動不足からか、起きるのも歩くのも腰が痛いという状態でした。

そんな私ですが、ただ一つだけ気を遣っていることがあります。それはモチベーション管理です。

「病は気から」という言葉があるように、モチベーション低下が、体調崩す原因No.1だと思っています。

もちろん気分が落ちそうな時はあります。そんな時、自分で意識を上げる方法を何パターンかこの何年間かで見つけました。

その中の一つを今回投稿させていただきます。

①偉大な人の名言を読む

名言集などが書店で売られています。買わずとも、パラパラ読むだけでたまに宝のような言葉に出会えます。

ちなみに私の一番好きな名言は、

「一日生きることは、一歩進むことでありたい。」

ノーベル物理学賞を日本人で初めて受賞された湯川英樹先生の言葉です。

日々過ごす中で、着実に昨日より今日の自分の方がレベルが上がっているか、

実感することは難しいですが、日々意識して生きています。

落ちそうな時、気持ちがのってこない時、こういった名言を見ます。

家の机にはR.バッジオさん(元サッカーイタリア代表)の言葉が、

携帯の待ち受けは星野仙一さん(現楽天ゴールデンイーグルス監督)の言葉が貼ってあります。

そこまで・・・・。と引かれてしまうかもしれませんが、こんな感じの「一生懸命さ」と「誠意」が信念の27歳男です。

皆様と出会い、1日1日成長していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

お電話でのお問い合わせはこちら

0120‒13‒4433

(営業時間 平日9:00~18:00)