司法書士法人石川和司事務所

加藤の生い立ち

お疲れ様です。

加藤です。

登記手続きの話しをと言いたいところですが、今日も前回に引き続き、自分紹介の続きを書こうかと思います。

僕は、今の事務所で勤務するまでは、サッカーしか知らない’サッカー小僧’で、小学校から大学までサッカー漬けの毎日を送ってきました。

初めは、サッカーより野球が好きな男の子だったのですが、友人に誘われ小学4年生の時しょうがなく入部したのが始まりです。

始まりは、しょうもないきっかけだったのですが、入部してからは、その魅力に取り付かれ、バカのように毎日ボールを蹴っていました。

負けず嫌いで、自分より上手い人を見ると、そいつには絶対負けたくないと思って、練習していました。

そうしているうちに、中学の頃から、プロになりたいと思いはじめ、それに向かって、がむしゃらになって練習していました。ま、自分はプロになれると、どこか揺るぎない自信があったように思います(笑)今でも思ってます。。。。。

ま、そんな影響もあってか、よく、兄には、「お前の頭、筋肉でできてるんじゃないか?」とバカにされていました。

月日が流れ、そんな僕がプロという夢破れ、縁あって、今の事務所にお世話になりはじめたのが大学4年生の冬からです。

右も左も分からず、日々直面する状況に四苦八苦しながら、がむしゃらに仕事をしていまいた。

そんな中、今まで仕事をしたことのない人間が、仕事のやりがいを初めて感じたのも、そのころだったと思います。

お客様、事務所スタッフのため、誰でも良いのですが、頑張る事で、相手も自分も気持ちよくなれる、そんなやりがい。

話しが違いますがある時、僕が何かミスをした時、事務所のスタッフに言われた言葉で、

「加藤さんは、思ったら考えるより先に行動してしまう、そんなところが長所でもあり短所だ。」と(考えてないわけではないのですが。。)

当時、なにくそと思ったのですが、今思うと、すごく嬉しい言葉です。僕らしくていいなと。

勿論、慎重に進めなければならない事も数多くあるのですが、進める時は、これと思って突き進むみたいな、そんな長所を無くさず、これからもやっていこうと思ってます。

最後に、最近読んだ本で、『真摯さ』というフレーズが、すごく心に残ってあります。学ぶものでもなく、誰かから教わるものでもなく、生まれもった資質。

自分でその資質があるかはわかりませんが、真摯な人で、自分らしくありたいなと思います。

ではでは、長くなりましたが、次回も反響があれば、雑感から投稿させて頂きます。

追伸、もしかしたら、加藤のカテゴリー出来ちゃうかな。。。

加藤。

お電話でのお問い合わせはこちら

0120‒13‒4433

(営業時間 平日9:00~18:00)